単発で老人施設の健康診断のアルバイトをした小児科の看護師の話

トップ > 単発バイトの口コミ > 単発で老人施設の健康診断のアルバイトをした小児科の看護師の話

単発で老人施設の健康診断のアルバイトをした小児科の看護師の話

あなたが老人施設のアルバイトをした経緯を教えてください

老人施設の健康診断のお手伝いとして単発のアルバイトをしていました。
その老人施設では年に2回、施設内での健康診断がありました。働くきっかけは以前、他の病院でお世話になった先輩が、そちらで働いていたので声をかけてくださったからです。
その先輩が施設長にあらかじめ私の話をしておいてくださったので、面談はスムーズに終わり、採用が決まりました。
時給は2500円で、勤務時間は、お昼から16時までの4時間です。

あなたの普段の職場とは不雰囲気が違うアルバイトでしたが、スムーズに仕事に取り組めましたか?

はい、私は普段総合病院の小児科の看護師として働いていますので、お年寄りと接する機会がほとんどありません。
それでもみなさん基本的に穏やかな方が多く、「ご苦労様」と声をかけてくださり、健康診断も順調にすすみました。
そのなかでも一人だけ私のことを拒絶するお年寄りのかたがいらっしゃいました。
理由は、普段その施設内で私のことを見かけたことがなかったので、たいへん驚かれてしまったようです。
体重を計ろうとして手をとっても、「怖い怖い」を繰り返し、なかなか体重計に乗ってくれません。
見知らぬ人に触れられたくないという、この方のお気持ちがひしひしと伝わってきましたので、このときばかりは先輩にかわっていただきました。

健康診断のアルバイトを終えて感じた事、得た事はありますか?

はい、とても有意義なアルバイトだったと思います。
入居者の方の健康診断が終了後、みなさんと一緒にホールでお茶とお菓子をいただき、楽しいひと時を過ごせました。
健康診断の時に私を見て怯えていた方も、落ち着きを取り戻されたようで、ニコニコとお茶を飲まれていたので、一安心しましたし。
少し気疲れはありましたが、お年寄りとのコミュニケーションのとり方を学ぶことができ、たいへん貴重な経験になったと思います。